フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

オススメ本

  • 田中芳樹: アルスラーン戦記
  • 小野不由美: 十二国記
  • 福井晴敏: 機動戦士ガンダムUC
  • 有川浩: 図書館戦争
  • 下口智裕・清水栄一: 鉄のラインバレル
  • 永野護: ファイブスター物語
  • 高田裕三: 3×3EYES
  • 水野良: ロードス島戦記
  • ツジトモ: GIANT KILLING
  • 田中芳樹: 銀河英雄伝説
  • 田中芳樹: 風よ、万里を翔けよ
  • 田中芳樹: 薬師寺涼子の怪奇事件簿
  • 川原礫: ソードアート・オンライン
  • 安彦良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

ゲーム

2017年7月15日 (土)

DDONな日々~クラメン募集の巻~

 ども、ケーンです。

 僕が所属するクランは、社会人のメンバーを募集しています。今回は、その告知を。

クラン名Lapislazuli.(ラピスラズリ) 略称:lps

Ddon

【クランマスター】Nadeko Neko

【サブマスター】Keen Sora

【メンバー数】6名

【活動時間帯】平日は22:00~25:00頃 休日は日中のINもあり

【ホームサーバー】021

【クラン拠点】Lv.13/クランダンジョン解放済

【VC】なし

Photo_2

 ソロプレイも尊重しつつ、PTプレイも楽しみたいと思います! 1人じゃきついクエストや修練も、仲間がいれば大丈夫!good

 冒険だけじゃなく、のんびり雑談catfaceやSS撮影cameraもあり!

 キャラクリ、着飾り好きな方も歓迎します!

03

※↑はイベント用に作ったジョーカーです。

【加入条件】

・社会人で大人(※)の方

 ※最低限のマナーを守れる方のことです。

・LV75以上のジョブが1つ以上ある方

・挨拶、返事、お礼がきちんと言える方

・失敗しても怒らず、楽しくできる方

・長く一緒に冒険して下さる方

・クラン内でPTを組める方(※)

 ※クランに入るだけ入ってメンバーと一切PTを組まず遊ばない方はNGです。

・冒険パス発動推奨

 クラン酒場から略称:lpsで検索して加入申請して下さい。その後、こちらから連絡をさせて頂き、簡単な面談を行います(※)。

 ※当クランでは、後からお互いに加入を後悔しないためにも、事前にクラマス等が会って話をすることにしています。

【お問い合わせ】

・ゲーム内 Nadeko Neko 又は Keen Sora までtell

・Twitter @nadeko28 又は @SORAKEN1 までリプ又はDM

社会人小規模クラン

楽しいDDONライフを、一緒に送りませんか?

以上、よろしくお願いします!!(切実)crying

2017年7月11日 (火)

DDONな日々~百鬼夜行の巻③~

 さて、23時頃だったかな?

 ユーザーイベント「night百鬼夜行night」は撮影会&交流会に入り、みなさんステージ上で踊り出したり、顔見知りと挨拶や談笑したり、SS(スクリーンショット。写真のこと)撮ったりと思い思いの時間を過ごしておりました。

 私はあちこちを歩いて回り、みなさんのキャラクリを見て回ってました。

Dragons_dogma_online__440_2

 この時、私が所属してるクラン・ラピスラズリのメンバーで来ていたのは私ともう1人、ごんさんでした。

 お待たせしました、ごんさんのイベント用キャラクリ、それがこれです!!

02

01

 そう、「トイレの花子さん」!!

 遠くからパッと見普通の女の子じゃん? て思われるかもしれませんが、顔!! 顔、よーく見て下さい。

 怖い、怖いよ~crying

Dragons_dogma_online__439

 私(ジョーカー)とのツーショットでパチリ。やっぱり怖い、というかキモチワルイですw こんなのホントに深夜のトイレに出たらちびります、私(失礼)。

 そして23時30分頃、もう1人のアクティヴメンバー、なでこさんが合流。

 なでこさんのキャラクリは「猫娘」でした。普段のおばば姿↓から若返り、顔に傷をつけて…って感じ。

Dragons_dogma_online__409

 正直、私は思いました。いつものおばばのほうがよっぽど妖怪らし…ゲホッゲホッsweat01

 まあそれはともかく、3人揃ったのでパチリ。

Dragons_dogma_online__443

 そういえば、こうやってクランメンバーでユーザーイベントに参加したことってなかったなぁ。ごんさんはそれがとても嬉しかったようです。

 実はこの時、私もなでこさんも、ごんさんが翌日の日曜日をもってDDONを引退することをすでに伝えられていました。なので私はちょっぴりしんみりした気持ちでした。

 そうして夜も更け、イベント「百鬼夜行」終了。

 私たちラピスの3人も、「明日も楽しもうね!!」と確認してお別れ。

 明日も、というのは、日曜日の夜にクランメンバー3人を交えてGM「呼び覚まされし竜」に行き、それをごんさんとの最後の思い出にしようという約束があったのです。

 翌日、その約束は果たされました。

Dragons_dogma_online__452

 何だか肌色率高いcoldsweats01 もう、ごんさんが「HENTAIになるならぜひどうぞ」なんて言うからだよw でもごんさん、最後まで遊んでくれてありがとう。

 さて、大盛況のうちに幕を閉じたユーザーイベント「百鬼夜行」。

 後に知りましたが、参加者は100人を超えていたようです。凄い!! こんな大規模なイベントは近年なかったんじゃないでしょうか。

 DDONを元気にしたい!! とイベントを企画・運営したスタッフの方々、それに応えたプレイヤーのみなさんの熱意にはただただ脱帽です。そして楽しかった!!

 またこんなイベントがあるといいなhappy01

 その時はもっと多くのメンバーで参加できるよう、メンバー募集がんばらねば。

 社会人クラン【Lapislazuli.】(略称lps)はクランメンバーを募集中です!!

 Twitterに告知が上がってるので(https://twitter.com/nadeko28https://twitter.com/SORAKEN1)、そちらをご覧の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

 キャラクリ・着飾り大好きな方も歓迎です!! 冒険したり、雑談したり、SS撮ったり…のんびり仲良くDDONライフを楽しみたい方、ラピスを検討してみて下さいねwink

 と、宣伝を織り交ぜて、今回はここまで。

 それではまた!! 

 

 


 

2017年7月10日 (月)

DDONな日々~百鬼夜行の巻②~

 さて、前回の続き。

 ユーザーイベント「night鬼夜行night」。

 開始時刻、21時には集合場所にどっさり人が!! しかもどんどん増えていく!!

 そんな中、壇上で踊るスタッフさん達。

Dragons_dogma_online__432

 もちろんイベント用にキャラクリしてます。左から、口裂け女、子泣き爺、砂かけ婆あ、チャッキー、落ち武者。みんなクオリティ高い!! 特にチャッキー子泣き爺!! チャッキーはマジ怖いし、子泣き爺は…これはツボでしたw アップで見た時吹いたもんhappy02 

 スタッフの号令で、ロビーとなってる白竜神殿の中を行進スタート。妖怪たちがぞろぞろ歩き。この時すでに後ろが見えないくらい長~い列になってました。事情を知らないプレイヤーは何事が起きたのか当惑したでしょうw

 ところどころで立ち止まり、みんなで同じポーズを取ったりしましたが、本格的な「エモートチャレンジ」は行進がゴールしてから。「参上1」というエモート(ポーズ)があるんですが、まずはそれを端から順にウェーヴ状にやってみようとのこと。

Photo

※ ちなみに「参上1」はこんなポーズ。ポーズが決まる時、全身が紅く発光するのが特徴です。

 そしていよいよ参上1ウェーヴ!!wave

Dragons_dogma_online__434

Dragons_dogma_online__435

 ババババッ!! と全員で「参上1」!! この圧巻の光景!! 端が見えませんcoldsweats02

 チャレンジはさらに続きます。今度は階段の上に並んで一斉に「参上1」をやるとのこと。

 このゲーム、右上に時計があるんですが、それを見て、指定時刻に同時エモート。ウェーヴより遥かに難しい。でも決まったら超キレイ!!

Dragons_dogma_online__438

 写真はこの1枚だけですが、さすがに1回では決まりませんでした。何回やったかなぁ。私も2回くらいフライングしてしまってcoldsweats02となりましたねw 「うわっ」「おっしぃー!!」とかTV画面に向かって叫んじゃって、これ想像以上に楽しかったです。

 結局、完璧なのはありませんでした。まぁ当たり前ですけど、もの凄く惜しい回はあったように記憶してます。

 で、チャレンジ終了と共に妖怪行進も終了。酒場へ移動して、写真撮影会&交流会となりました。

Dragons_dogma_online__437_3

 もう色んなキャラたちがわんさか。

Dragons_dogma_online__436_2

 これ!! これが子泣き爺!! 雰囲気出てる…というか、まんまでしょう!! ウケた~happy02

Dragons_dogma_online__444

 そして参加者の中で大評判だったのがこの方!! スター・ウォーズEP1より、ダース・モールです。まさかDDONでこれが作れるとは思わなかったし、作ろうと思ったこの方凄い。しかもこのクオリティ!! 後ろに私(ジョーカー)が写ってますが、並ぶのもおこがましい気がしました。それくらいの迫力でした。脱帽!!

 さて、現在我がクラン【Lapislazuli.】は訳あってこの頃、活動中なのは私とごんさん、なでこさんの3人でした。私とごんさんは21時から参加してましたが、この交流会でなでこさんが合流し、ようやく3人が揃いました。

 私はジョーカーでしたが、さて後の2人は何で参加してきたのか…

 それはまた次回にて。

 それではまた!!







 

 


 

 

 

 

2017年4月 5日 (水)

DDONな日々22~モノクロームシリーズの巻~

 ども、ケーンです。

 僕の所属するクランは少人数クランで、ポーンを遠征してもなかなかホットスポットが出てこなかったのですが、今朝見ると久方ぶりにホットスポット発見!!

 昨日は新メンバーが加入してとってもめでたい日だったので、神様も祝ってくれたのでしょうか。何を持ち帰ってくるか、今から楽しみです。

 さて、長らくファイター兼ソーサラーだった僕にも、新しいジョブが加わりました。

 アルケミストです。まだまだ練習中なのでへっぽこですが、使ってみると面白いですね。

 で、つい先日LV80になったので、80防具を揃えました。今回はその紹介を。

Photo

 白と黒が基調ですね。わりとゆったりした衣装でしょうか。大きくはだけた胸がどことなく和の雰囲気を漂わせています。

Photo_2

 上半身。白に金色の縁取りが高貴な感じがしますね。そして…

Photo_3

 いちばんの特徴はこのマスク。表情がなく、冷たい感じがします。でもファイター/ウォリアーのフルフェイスヘルムよりは、僕的には好みだったりします。

 感情を一切表に出さず、ただひたすら論理を組み立てて術を施行する。そんなアルケミストのキャラクターに合ってるような気がします。

 とはいえ、やっぱりせっかくキャラクリした顔を隠したくないので…

Photo_4

 着飾りしちゃいましたw

 頭部:飛竜のサークレット

 胴アーマー:フォートレスプレート

 こうなるとせっかくのモノクロームシリーズが跡形もありませんが、だって好きなんだもんフォートレスプレート…。

 この格好で、しばらくアルケミの練習に励みます!!

 それではまた!!










DDONな日々21~新しい仲間の巻~

 ども、ケーンです。

 僕が所属しているクラン「Lapislazuli.」は長らく5人体制で活動してきましたが、「そろそろ新メンバーが欲しい!!」とマスターのごまさんがTwitterで募集をかけたところ、一人の覚者が釣れ…もとい、声をかけてくださいました。

 名前はごんさん。

 とりあえずPTを組んで一緒に冒険をしてみて、打ち解けてから雑談。クランの考え方などをマスターのごまさんが伝えたところ、「ぜひこのクランに入れてください!!」と嬉しい言葉が!!

 うるうる嬉しい~・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 新メンバーなんでいつぶりだろ。てか、ごんさんが入るまで、僕がいちばんの新参者だったんだよなぁ。

Dragons_dogma_online__299

 真ん中がごんさん。普段はウィッチャーのゲラルトを思わせる渋いおじさんだけど、正装?するとがらりと変わります。

Dragons_dogma_online__301_2

 ポーズはアレですけど、真ん中の暗黒騎士がごんさんです。

 これ、超かっこいい。こんな着飾りがあるんだぁと感心することしきりでした。

 気さくで、ノリも良くて、いい人。仲良くなれそうです。

 ごんさん、これから楽しいDDONライフを送りましょうね。

 よろしくお願いします!!

 










 

 

 

2017年3月30日 (木)

DDONな日々⑳~防人シリーズの巻~

 ども、ケーンです。

 絶賛(?)開催中の「発掘! うすもも鑑定団」ですが、異彩を放つ片手剣+2を引き当てたものの、研磨剤が足りずろくに強化もできておりません。

 レリーフコイン75枚で交換できるのが地域素材でなく研磨剤だったらなぁ、とため息が出ます。ホットスポットもずいぶんご無沙汰ですし。こちらを緩和してくれると非常に嬉しいんですがねぇ。 

 さて、ファイターに続きソーサラーもLV80になり、LV80武器・防具が装備できるようになりました。いわゆる80弱武器、80弱防具というやつです。まずはこれらをしっかり強化してから、さらなる強敵に挑み、上位の素材を入手しようと思っています。

 今回は、その防具「防人シリーズ」の紹介をば。

80

 全身。

 なんだか魔法使いというよりは、兵士のような印象ですね。衣装もローブというよりは短いコートのようです。

80_2

 上半身アップ。

 この、ベルトでがんじがらめにしたような意匠は意外と好きです。

80_3

 頭部アップ。

 うーむ、防人のヘルムだというだけあって、まんまヘルメットですね。工事現場にいそうな感じ。

 全体を見ると、やはり魔法職らしくない。色(緑色)もあって、昔の兵士というよりは、現代の兵士にいそうな感じです。しかも下級兵士w せめて胴アーマーがローブだったらまた印象が違ったのでしょうが。

 というわけで、自分好みに着飾りしてみました。

80_4

 胴アーマー:防人のコート(黒染め)

 頭防具:ビショップフード(黒染め)

 脚アーマー:宵闇のプリーツ

 どうでしょう? 少しは魔法職らしくなったかな? ちなみにオーバーウェアには紫紺のマフラーを巻いています。

 今回の装備は特に魔法職っぽくないので、着飾り推奨です。みなさんも自分好みの着飾りを考えてみてくださいね!

 それではまた!

 

 







2017年3月26日 (日)

DDONな日々⑲~ノーザンシリーズの巻~

 ども、ケーンです。

 昨日からはじまった「発掘! うすもも鑑定団」、みなさんやってますか?

 敵がドロップするレリーフコイン【薄桃】を200個集めると発掘武器が入手できるとか。

 とはいえ、頻繁にドロップするわけではないのが悩ましいところ。僕は今のところ40個です。200に届くのはいつになるやら…。課金でも販売してるので、お財布に余裕のある方は購入してもいいかもしれませんね。

 さて、今回はLV80防具(ファイター/ウォリアー用)、ノーザンシリーズの紹介です。

 この装備、LV78ダンジョンにも潜らないと素材が入手できません。未だシーズン2.2最強装備(つまりLV75装備)を身に纏っていた僕にはちょっと辛いかなぁと思ったのですが、意外と行けました。侮れませんね、2.2最強装備。思っていたより優秀です。

 で、ノーザンシリーズ。はてさて、どんなデザインなんでしょう。

 まずは全身。

Photo

 と、これは…上半身はインナーが丸見えですね。胴アーマーは全身鎧ではなく、腰と右の肩当てのみで構成されているようです。

Dragons_dogma_online__289

 上半身。胴アーマーは緑ががった青ですが、腕防具は青。このあたり、色の統一感がなくてちょっとアンバランスですね。

Dragons_dogma_online__291

 頭部アップ。これは牛をイメージしてるのかな? 珍しくフルフェイスヘルムじゃないですね。今までの中ではかっこいい部類に入るかも知れません。

 とはいえ、全体的に見ると、うーんといった感じです。もう一つ上位の暁のナイトアーマーになるとかっこいいんですけどね。ただこれ、エンライトメントアーマーの色違いなんですが。

 ではノーザンシリーズはどうかと思って見てみると、同じデザインの防具がありました。どうせ色違いを持ってくるなら、もう少しかっこいいのを持ってくればよかったのに…。

 まあ上位のほうがかっこよくないと、モチベーションが上がらない、ということなのかもしれませんね。僕も早く素材を集めて、上位の装備を入手したいです。

 ちなみに、こんなノーザンシリーズでも、唯一気に入ってるところがあります。

Dragons_dogma_online__288

 わかるでしょうか? 腰のところに、金色の短剣が差してあるんです。これはちょっとかっこいいかも、と思いました。

 というわけで、ノーザンシリーズを紹介しましたが、ちょっと印象が変わらないかな、と思ってインナーを変えて、オーバーウェアを被せてみました。

Photo_2

 頭装備:飛竜のサークレット 

 胴ウェア:パリィドウェア

 脚ウェア:パリィドタイツ

 オーバーウェア:ホワイトレザークローク

 中途半端なワイルドさが消えて、少しはマシになったかな? でも納得はしてません。これから色々着飾りを考えていこうと思ってます。とりあえず胴アーマーはジェノサイドに戻そうかなぁ。

 ところで、装備もそうですが、どんどん地域素材が増えるので、倉庫がかなりピンチになってきました。青箱はすでに満杯。下位の地域素材は捨てればいいようなものですが、クランクエストに必要になるかと思うと、捨てられないんですよねぇ。2.3で倉庫の拡張を期待してたんだけどなぁ…。

 などと愚痴をこぼして、今回はこれまで。

 それではまた!!




 

 







2017年3月19日 (日)

冒険の記録~シーズン2.3④~

※ネタバレ注意!!

【新しい世代】

 人と竜との戦いからしばらく経った頃。

 白竜神殿で羽を休めていたケーンに、ジョゼフが言った。

ジョゼフ「たまにはフィンダムへ渡り様子を見てきてはどうだ? 大地は順調に回復しているのか?」

 その言葉に従い、フィンダムを、芯なる樹を訪れたケーン。始まりの洞にはリズたちが来ていた。

 そして、新たなる精霊竜の姿がそこにあった。

_20170318173501

リズ「ガラダがね、今日は調子が良いから来るんだって」

 程なく、ガラダが供の者を引き連れて始まりの洞にやってきた。

 一人進み出て、精霊竜の前に立つガラダ。

ガラダ「私がわかるのだろうか…?」

 ガラダは精霊竜を見上げる。だが竜が何を考えているのか、窺い知ることはできない。

ガラダ「そうだな──その方がいい」

 そう言って、ガラダは竜の前に跪いた。供の者もそれに倣う。

ガラダ「精霊竜セシリーよ。芯なる樹と共に、この地を永く守りたまえ──」

 新たな精霊竜となったセシリーは、静かに人間たちを見下ろしていた…。



【エピローグ】

 夜、一人フィンダムの野原を歩くケーン。

_20170318174545

 そこへ、

???「強くなりましたね」

 静かな声と共に、幻影が現れた。一人の女性──いや、少女と言っていいか。それは白竜の巫女、ミシアルであった。

_20170318174604

ミシアル「精霊竜を理の中に戻したことで、レスタニアの危機は回避されました」

 でも、とミシアルは言う。レスタニアの本当の危機はこれからだと。

ミシアル「この世界は理の五大竜によって守られています。白竜、精霊竜、そして…黒竜」

 黒竜。初めて聞く名だ。どこか禍々しい印象を、ケーンは受けた。

ミシアル「黒竜の黒き深淵の一端に、あなたも触れたはずです」

 深淵の一端──何のことだろうか。ケーンの脳裏に浮かんだのは、黒騎士であった。

ミシアル「残りの二竜も、あなたはいずれ知ることになるでしょう」

 強くおなりなさい、とミシアルの幻影は言った。そう、レオのように…。

 

 出会うはずのない二つの大陸が出会ってしまった。

 それは何者かの意思か、人の意思か。世界は竜の理の鋳型から抜け出そうとしている。

 時に、レスタニア暦324年。

 竜の理を解く物語が、動き出そうとしていた──。

 

 ~DRAGON'S DOGMA ONLINE シーズン2 精霊竜の王 完~



 

冒険の記録~シーズン2.3③~

※ネタバレ注意!!

【理と絆】

ジョゼフ「時は来た──だな。行くがいい」

 ジョゼフに見送られて、ケーンはフィンダムに渡った。

 始まりの洞。皆が集っていた。

Dragons_dogma_online__277

セシリー「いよいよ──ですね」

ガルドリン「そろそろ行くか。セシリー、なんか言っとくことねえか?」

セシリー「あ、はい…いいえ、言葉を尽くしてもきっと足りませんから」

ガルドリン「じゃあ俺から一言いいか、隊長」

 ガルドリンがケーンを見て、首をポキッと鳴らす。

ガルドリン「ジョゼフの口車に乗せられてお前についてきてからこっち、引いても引いても貧乏くじばかりだ。でもまあ、悪くなかったぜ。面白かった。感謝してるぜ」

エリオット「同じく感謝してます」

 とエリオット。

エリオット「隊長はこんな俺でも必要としてくれた。嬉しかったです」

 すると、リズが駆け寄ってきた。

リズ「あたしも。言葉は少ないけど、気持ちはガルドリンの倍、エリオットの三倍だから」

ガルドリン「なんだそりゃ」

セシリー「感謝の気持ちなら、私も負けません!」

エリオット「じゃあ負けず嫌い部隊、行きますか!」

 そして一行は出発した。

 
 精霊竜との決戦のため、精霊竜のねぐらへと向かうケーンたち。

 Dragons_dogma_online__278

 赤き扉を抜けた先。竜は現れた。

_20170318164341

_20170318164308

セシリー「ウィルミア…私がわかる? 全部…もらいに来たよ」

 オオ…ンと吠えるウィルミア。

_20170318164356

セシリー「みなさん…お願いします」

 竜と人との決戦がはじまった。

 強大な竜の力がほとばしる。小さな人間たちがそれに抗う。竜の巨体が宙を舞い、激烈な雷が地を走る。傷つきながら、覚者たちは剣を振るい、矢を放ち、魔法を撃った。ケーンなどは断崖から落下し、三度の復活力を使い切るほどの戦いだった。

Dragons_dogma_online__280

セシリー「ウィルミアよ、鎮まれ!!」

 竜力の奔流が覚者たちを打つ。だがそれが尽きた時、竜は地に堕ちた。

 動かなくなったウィルミアに、セシリーが歩み寄る。

_20170318171119

 自らの覚者に看取られながら、竜はゆっくりと瞳を閉じていった。

 すると、ウィルミアの身体が光と化してゆく。

_20170318171147

ガルドリン「な、何だ!?」

セシリー「芯脈が浄化されても、竜がいなければフィンダムは救われません」

エリオット「セシリー!?」

セシリー「そして竜になるのは──」

リズ「ま、待って!!」

 セシリーの身体が輝きながら宙に浮いてゆく。

 その顔には笑みが浮かんでいた。手を伸ばす。ケーンへと。

_20170318171245

セシリー「竜になる前に…出会えて…よかった…」

 ケーンも手を伸ばす。だがその指と指とが触れ合う寸前に、セシリーの姿は静かに消えていった──。

~つづく~











冒険の記録~シーズン2.3②~

※ネタバレ注意!!

【復活の条件】

 皆が思った以上に事態は深刻だった。

 芯脈の侵食は深く、今持っている原始の雫では足りなかったのだ。

 ガラダは自分が原始の雫を入手したキンガル峡谷の、さらに奥地でなら新たな原始の雫が手に入るかも知れないという。

セシリー「私が行きます! だって、他に方法がないもの!」

ガルドリン「だったらこいつを連れていけ」

 ガルドリンらはこの地を守る。キンガル峡谷へは、セシリーとケーンが向かうことになった。

Dragons_dogma_online__260

 途中、青く輝くエントの妨害に遭いながらも、峡谷の奥地についたケーンたち。そこは「聖雫の間」と呼ばれる美しい場所だった。

Dragons_dogma_online__263

 そこで、セシリーは原始の雫を手に入れる。

セシリー「これで芯脈は浄化できます。そして、その後は──」

 陰のある表情のセシリー。

セシリー「隊長、これだけ言わせてください──。ありがとう」

 
 始まりの洞に戻ったケーンたち。いよいよ浄化と言う時、突如として現れた人物があった。それは、黒き霧と共に消えたはずのロイグであった。

 だが──。

セシリー「ロイグではありませんね?」

ロイグ「黒き鎧を捨てれば、私は何者にもなれる。黒き情念を渡り歩き、何者にもな」

ガルドリン「黒騎士め!! てめえがいるってことは、レオもどこかにいるんじゃねえのか!?」

黒騎士ロイグ「お前たちはもうすぐ死ぬ。その間際に知りたいのは、レオとやらのことか?」

セシリー「知りたいことはたくさんあります。ですが、あなたに聞きたいことはありません!!」

 双方、武器を抜く。襲いかかる黒騎士。迎え撃つケーンたち。戦いが始まる!!

セシリー「フィンダムの闇は、悪の住み処ではない!!」

黒騎士ロイグ「死は常にお前たちの側にある。狂った竜に殉じて死ぬがいい!」

Dragons_dogma_online__266

 強大な力を振るう黒騎士。瞬間移動で間合いを詰める。重力魔法が自由を奪う。十本の剣が自在に舞い、覚者たちを切り刻む。

Dragons_dogma_online__268

Dragons_dogma_online__272

 苦戦を強いられながらも、だが少しずつ、覚者たちは黒騎士に手傷を負わせていった。

 そして──。

 渾身の一撃が、黒騎士を撃った。

黒騎士ロイグ「クッ…白竜の覚者…侮れぬわ」

 どう、と倒れる黒騎士。黒い霧が黒騎士の身体を覆い、それが消えた時、倒れていたのはロイグであった。

ロイグ「黒き後ろ盾を退けるか…。闇を恐れない…頼もしいよ」

 ロイグのそばに膝をつくセシリー。

ロイグ「病人を見捨てない…運命と受け入れない…」

セシリー「そんなフィンダムを一緒に作ろう? 協力してくれるよね?」

ロイグ「もちろん──」

 両手をゆっくりと伸ばすロイグ。

ロイグ「私は…フィンダムが大好きだ…」

 そう言って、ロイグは息を引き取った。

 きっ、と顔を上げるセシリー。

セシリー「浄化を、始めます」

 セシリーが原始の雫を掲げると、周囲に光が満ち、芯脈は青き輝きを取り戻していった。

Dragons_dogma_online__273

 と、そこへ響く咆哮。精霊竜が宙を舞っていた。

Dragons_dogma_online__274

ガラダ「ウィルミアはもうかつてのウィルミアではない…。我々は、間に合わなかったのだ」

 
 白竜神殿。

 白竜がいったん戻ったケーンに語りかけた。

白竜「精霊竜は──無念なことをした。急ぎ、倒し、竜の尊厳を守ってやれ」

Dragons_dogma_online__275

白竜「魔物に堕す前に──倒してくれ。案ずることはない。精霊竜は覚者を残した。さだめを予期していたのだろう…」

 竜に挑む戦いが、はじまる──。


~つづく~















無料ブログはココログ