フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オススメ本

  • 田中芳樹: アルスラーン戦記
  • 小野不由美: 十二国記
  • 福井晴敏: 機動戦士ガンダムUC
  • 有川浩: 図書館戦争
  • 下口智裕・清水栄一: 鉄のラインバレル
  • 永野護: ファイブスター物語
  • 高田裕三: 3×3EYES
  • 水野良: ロードス島戦記
  • ツジトモ: GIANT KILLING
  • 田中芳樹: 銀河英雄伝説
  • 田中芳樹: 風よ、万里を翔けよ
  • 田中芳樹: 薬師寺涼子の怪奇事件簿
  • 川原礫: ソードアート・オンライン
  • 安彦良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

« 冒険の記録~シーズン2.3②~ | トップページ | 冒険の記録~シーズン2.3④~ »

2017年3月19日 (日)

冒険の記録~シーズン2.3③~

※ネタバレ注意!!

【理と絆】

ジョゼフ「時は来た──だな。行くがいい」

 ジョゼフに見送られて、ケーンはフィンダムに渡った。

 始まりの洞。皆が集っていた。

Dragons_dogma_online__277

セシリー「いよいよ──ですね」

ガルドリン「そろそろ行くか。セシリー、なんか言っとくことねえか?」

セシリー「あ、はい…いいえ、言葉を尽くしてもきっと足りませんから」

ガルドリン「じゃあ俺から一言いいか、隊長」

 ガルドリンがケーンを見て、首をポキッと鳴らす。

ガルドリン「ジョゼフの口車に乗せられてお前についてきてからこっち、引いても引いても貧乏くじばかりだ。でもまあ、悪くなかったぜ。面白かった。感謝してるぜ」

エリオット「同じく感謝してます」

 とエリオット。

エリオット「隊長はこんな俺でも必要としてくれた。嬉しかったです」

 すると、リズが駆け寄ってきた。

リズ「あたしも。言葉は少ないけど、気持ちはガルドリンの倍、エリオットの三倍だから」

ガルドリン「なんだそりゃ」

セシリー「感謝の気持ちなら、私も負けません!」

エリオット「じゃあ負けず嫌い部隊、行きますか!」

 そして一行は出発した。

 
 精霊竜との決戦のため、精霊竜のねぐらへと向かうケーンたち。

 Dragons_dogma_online__278

 赤き扉を抜けた先。竜は現れた。

_20170318164341

_20170318164308

セシリー「ウィルミア…私がわかる? 全部…もらいに来たよ」

 オオ…ンと吠えるウィルミア。

_20170318164356

セシリー「みなさん…お願いします」

 竜と人との決戦がはじまった。

 強大な竜の力がほとばしる。小さな人間たちがそれに抗う。竜の巨体が宙を舞い、激烈な雷が地を走る。傷つきながら、覚者たちは剣を振るい、矢を放ち、魔法を撃った。ケーンなどは断崖から落下し、三度の復活力を使い切るほどの戦いだった。

Dragons_dogma_online__280

セシリー「ウィルミアよ、鎮まれ!!」

 竜力の奔流が覚者たちを打つ。だがそれが尽きた時、竜は地に堕ちた。

 動かなくなったウィルミアに、セシリーが歩み寄る。

_20170318171119

 自らの覚者に看取られながら、竜はゆっくりと瞳を閉じていった。

 すると、ウィルミアの身体が光と化してゆく。

_20170318171147

ガルドリン「な、何だ!?」

セシリー「芯脈が浄化されても、竜がいなければフィンダムは救われません」

エリオット「セシリー!?」

セシリー「そして竜になるのは──」

リズ「ま、待って!!」

 セシリーの身体が輝きながら宙に浮いてゆく。

 その顔には笑みが浮かんでいた。手を伸ばす。ケーンへと。

_20170318171245

セシリー「竜になる前に…出会えて…よかった…」

 ケーンも手を伸ばす。だがその指と指とが触れ合う寸前に、セシリーの姿は静かに消えていった──。

~つづく~











« 冒険の記録~シーズン2.3②~ | トップページ | 冒険の記録~シーズン2.3④~ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冒険の記録~シーズン2.3③~:

« 冒険の記録~シーズン2.3②~ | トップページ | 冒険の記録~シーズン2.3④~ »

無料ブログはココログ