フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オススメ本

  • 田中芳樹: アルスラーン戦記
  • 小野不由美: 十二国記
  • 福井晴敏: 機動戦士ガンダムUC
  • 有川浩: 図書館戦争
  • 下口智裕・清水栄一: 鉄のラインバレル
  • 永野護: ファイブスター物語
  • 高田裕三: 3×3EYES
  • 水野良: ロードス島戦記
  • ツジトモ: GIANT KILLING
  • 田中芳樹: 銀河英雄伝説
  • 田中芳樹: 風よ、万里を翔けよ
  • 田中芳樹: 薬師寺涼子の怪奇事件簿
  • 川原礫: ソードアート・オンライン
  • 安彦良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

« 冒険の記録~シーズン2.3③~ | トップページ | ポキッとね❤ »

2017年3月19日 (日)

冒険の記録~シーズン2.3④~

※ネタバレ注意!!

【新しい世代】

 人と竜との戦いからしばらく経った頃。

 白竜神殿で羽を休めていたケーンに、ジョゼフが言った。

ジョゼフ「たまにはフィンダムへ渡り様子を見てきてはどうだ? 大地は順調に回復しているのか?」

 その言葉に従い、フィンダムを、芯なる樹を訪れたケーン。始まりの洞にはリズたちが来ていた。

 そして、新たなる精霊竜の姿がそこにあった。

_20170318173501

リズ「ガラダがね、今日は調子が良いから来るんだって」

 程なく、ガラダが供の者を引き連れて始まりの洞にやってきた。

 一人進み出て、精霊竜の前に立つガラダ。

ガラダ「私がわかるのだろうか…?」

 ガラダは精霊竜を見上げる。だが竜が何を考えているのか、窺い知ることはできない。

ガラダ「そうだな──その方がいい」

 そう言って、ガラダは竜の前に跪いた。供の者もそれに倣う。

ガラダ「精霊竜セシリーよ。芯なる樹と共に、この地を永く守りたまえ──」

 新たな精霊竜となったセシリーは、静かに人間たちを見下ろしていた…。



【エピローグ】

 夜、一人フィンダムの野原を歩くケーン。

_20170318174545

 そこへ、

???「強くなりましたね」

 静かな声と共に、幻影が現れた。一人の女性──いや、少女と言っていいか。それは白竜の巫女、ミシアルであった。

_20170318174604

ミシアル「精霊竜を理の中に戻したことで、レスタニアの危機は回避されました」

 でも、とミシアルは言う。レスタニアの本当の危機はこれからだと。

ミシアル「この世界は理の五大竜によって守られています。白竜、精霊竜、そして…黒竜」

 黒竜。初めて聞く名だ。どこか禍々しい印象を、ケーンは受けた。

ミシアル「黒竜の黒き深淵の一端に、あなたも触れたはずです」

 深淵の一端──何のことだろうか。ケーンの脳裏に浮かんだのは、黒騎士であった。

ミシアル「残りの二竜も、あなたはいずれ知ることになるでしょう」

 強くおなりなさい、とミシアルの幻影は言った。そう、レオのように…。

 

 出会うはずのない二つの大陸が出会ってしまった。

 それは何者かの意思か、人の意思か。世界は竜の理の鋳型から抜け出そうとしている。

 時に、レスタニア暦324年。

 竜の理を解く物語が、動き出そうとしていた──。

 

 ~DRAGON'S DOGMA ONLINE シーズン2 精霊竜の王 完~



 

« 冒険の記録~シーズン2.3③~ | トップページ | ポキッとね❤ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冒険の記録~シーズン2.3④~:

« 冒険の記録~シーズン2.3③~ | トップページ | ポキッとね❤ »

無料ブログはココログ