フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オススメ本

  • 田中芳樹: アルスラーン戦記
  • 小野不由美: 十二国記
  • 福井晴敏: 機動戦士ガンダムUC
  • 有川浩: 図書館戦争
  • 下口智裕・清水栄一: 鉄のラインバレル
  • 永野護: ファイブスター物語
  • 高田裕三: 3×3EYES
  • 水野良: ロードス島戦記
  • ツジトモ: GIANT KILLING
  • 田中芳樹: 銀河英雄伝説
  • 田中芳樹: 風よ、万里を翔けよ
  • 田中芳樹: 薬師寺涼子の怪奇事件簿
  • 川原礫: ソードアート・オンライン
  • 安彦良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

« レゾンデートル | トップページ | 冒険の記録~シーズン2.2①~ »

2016年12月23日 (金)

ここにいてもいいんだ

「(君が)いないと困る」

 そう言ってくれたのは、僕の上司のそのまた上司(課長)でした。

 嬉しかった。

 火曜日。僕は出勤するのが怖かった。迷惑をかけたので、直属の上司(係長)と先輩に何を言われるかが怖かったのでした。

 でも、給料をもらっている以上、働かないわけにはいきません。怖さをおしころして、僕は職場に向かいました。

 出勤すると、係長は言いました。、

「もう大丈夫かい?」

 あまり大丈夫ではなかったのですが、はい、と僕は答えました。

「ご迷惑をおかけしました」

「いや、大丈夫ならいいんだ」

 そして、課長との面談。こういう時、対応するのは課長と決まっているようでした。

 そこで課長は言いました。

「(君が)いないと困る」

 直接係長や先輩からそう言われたわけではありませんが、僕は救われた気持ちになりました。

 僕の存在意義。それを肯定してくれた言葉。

 係長や先輩も、僕がいないことで仕事が色々大変だったようです。迷惑をかけたのは申し訳なかったけれど、不謹慎だけど、嬉しかった。

 こんな僕でも、必要としてくれていたんだ。

 出勤するまで、係長と先輩は僕にとっての「敵」でした。でも本当は、敵なんかじゃなかった。味方とまでは認識できなかったけれど、僕を気遣い、心配してくれたことで、少なくとも敵ではないと思えました。

 誰かに認められたい。必要とされたい。

 課長の言葉は、僕を救ってくれました。

 係長と先輩も、迷惑をかけたことを怒るでもなく、愚痴るでもなく、普通に接してくれた。

 もう少し、僕はがんばれそうです。

 ここにいてもいい。

 そう感じられたから。 

 

 

« レゾンデートル | トップページ | 冒険の記録~シーズン2.2①~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603655/64661237

この記事へのトラックバック一覧です: ここにいてもいいんだ:

« レゾンデートル | トップページ | 冒険の記録~シーズン2.2①~ »

無料ブログはココログ