フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

オススメ本

  • 田中芳樹: アルスラーン戦記
  • 小野不由美: 十二国記
  • 福井晴敏: 機動戦士ガンダムUC
  • 有川浩: 図書館戦争
  • 下口智裕・清水栄一: 鉄のラインバレル
  • 永野護: ファイブスター物語
  • 高田裕三: 3×3EYES
  • 水野良: ロードス島戦記
  • ツジトモ: GIANT KILLING
  • 田中芳樹: 銀河英雄伝説
  • 田中芳樹: 風よ、万里を翔けよ
  • 田中芳樹: 薬師寺涼子の怪奇事件簿
  • 川原礫: ソードアート・オンライン
  • 安彦良和: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

« DDONな日々③ | トップページ | 小鳥の歌 »

2016年9月24日 (土)

DDONな日々④

 ども、ケーンです。

 9月21日に2.1アップデートが行われたドラゴンズドグマオンライン(DDON)ですが、今日、ようやくメインクエストをクリアしました!

 いや、攻略に時間がかかったわけではないのですよ。先週の土曜から発動させてた7日間サポがもったいなくて、昨日までひたすら侵食魔の巣窟・奥底に通ってレべリング&BO稼ぎをしてたのです。おかげでレベルは69まで上がり、戦技の継承も2.0時点で埋められるマスを赤職とエレアチャ分すべて埋めました。

 いやはや、どんだけ通ったんだって話ですよねw 鍾乳石の先端なんか、400個超えちゃいましたから。これで真・白竜防具を余裕で★4にできるぜっ…と意気込んだものの、竜のお髭が足りないっ! どうもアスカロンを★4にした時にたくさん使っちゃったみたいなんですよねぇ。お願い運営さん、もう一回カスドラ出して…(T◇T)

 とまあ、それはおいといて。

 今回は、2.1のメインクエストを、断片的ではありますがSSで振り返りたいと思います。思いっきりネタバレを含んでますので、メインクエクリアしてから見て下さいね。

【新たな異変】

 魔赤島の調査に赴いていたガルドリンが危地にあるとの報告が。ケーンたちは急いで魔赤島に向かったが、そこに待ち構えていたのは初めて見る魔物であった。

Enemy2detail


【交渉】

 ジョゼフの発案で、セシリーの記憶を取り戻すためロイグを訪ねるケーンたち。彼は今、レオの保護下にある。

Dragons_dogma_online__102

ガルドリン「神殿に戻って一緒にやる気はねえのか?」

リズ「白竜あっての覚者だってことは? それも忘れた?」

 だが、レオは首を縦には振らない。可愛がっていたマンティコアを殺されて怒っているのだろうか。

 また、ロイグが病に冒されていることが明らかになる。

【ロイグの病】

 ロイグは病の治療のため白竜神殿のメイリーフの家で過ごすことになった。

Dragons_dogma_online__105

 ロイグの病は赤色病という古い病であったが、ケーンたちが薬を調達し、一命を取りとめる。なお、ロイグが自分で医者を頼ったくせに、生きる死ぬは運命次第とわけのわからないことを口走ったのは病ゆえのことだったのだろう。

【異郷の光】

 ロイグの病は快癒したが、彼との対話もセシリーの記憶を呼び戻すことはなかった。

 記憶が戻らず焦るセシリーはロイグやケーンらと共に魔赤島へ赴き、その頂上に立つ。そこには不気味な赤い光が渦巻いていた。

Dragons_dogma_online__101_2

 その光を背に現れたのは──

ガルドリン「ほらな、そうくるとおもったぜ!!」

 黒騎士が近づいてくる。ロイグは黒騎士に張り飛ばされ、セシリーもまた黒騎士の手中に落ちる。

黒騎士「竜との約束を後悔するがいい」

 黒騎士の術がセシリーを襲い、彼女は意識を失った。それを死んだとみたのか、黒騎士は姿を消した。

【孤高の覚者】

 セシリーは瀕死の状態であったが、生きていた。

 一方、禊の神殿でケーンはレオと対峙する。果たして彼の目的とは──

Dragons_dogma_online__100

レオ「覚者とは力の器…俺はそう思っている」

 そしてレオは、ケーンに「竜の泪」を集めるように言うのだった。

Dragons_dogma_online__104

 異界の狭間・深層部へ赴くケーン。そこに「竜の泪」はある──

【彷徨えし力】

 再び禊の神殿で会うケーンらとレオ。

レオ「俺たちは新たな力を手に入れた。この力を合わせて黒騎士と戦えば、きっと倒せるだろう」

 そう言って、レオは「竜の泪」を高く掲げる。光に包まれた一行は、見知らぬ場所に出る。そこは淀んだ竜力が集まる場所だった。

 グオォォ──

 咆哮が轟く。淀んだ竜力の化身が姿を現したのだ。

Dragons_dogma_online__98

 激闘の末、竜力の化身を倒したケーンらとレオ。竜力を手に入れたレオは去り、ケーンらは神殿に戻る。

 そして、ケーンの新たな力によってセシリーは回復した。また、治ったのは傷だけではなかった。セシリーの記憶が蘇ったのだ。

セシリー「私は、思い出しました…おそらくすべてを」

 セシリーは、フィンダム大陸の竜、精霊竜ウィルミアの覚者であった。 

Dragons_dogma_online__96

Dragons_dogma_online__99

【託されし者】

 再び魔赤島の頂上に立つセシリーとケーンたち。そこに現れたのは因縁の宿敵だった。

リズ「まるっきり魔物じゃない!?」

ガルドリン「そうまでして生きたいかねぇ!!」

 襲い来るズール。今、決戦の時!

Dragons_dogma_online__95

 地響きを立ててズールが倒れた。だが、そこへ黒騎士が現れる。

リズ「逃げてセシリーッ!!」

 黒騎士の剣が振り下ろされる瞬間──

レオ「うおぉぉぉッ!!」

 レオの剣がそれを受け止めた。

レオ「果たせぬ夢など…ないッ!!」

黒騎士「貴様ァッ──!!」

 刃を合わせたままの両者を黒い霧が渦を巻いて包んでゆく。そしてその霧が消え去った時、黒騎士の姿はなかった。レオの姿も── 

 ケーンたちは託されたのだ。レスタニアの未来を。

【戦い終えて】

Dragons_dogma_online__94_2

 束の間の休息。

 だが戦いは続く。侵食魔の脅威からレスタニアを守るため、いつかフィンダム大陸に渡らねばならないだろう。そのためにセシリーは、あの赤い光の渦──ゲートを向こう側から開くという。

 おそらく、その時が決戦の時だろう。それに備えて、ケーンたち覚者は強くならなければならない。

 レスタニアを駆け巡る冒険は、まだ終わらない──

ケーン「はぁ~、い~い湯、だ、なっ♪ と」

 いつまでも風呂でくつろいでる場合じゃないぞ、ケーン!

                                          ~シーズン2.2に続く~

 

 

 

 

 


 

« DDONな日々③ | トップページ | 小鳥の歌 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DDONな日々④:

« DDONな日々③ | トップページ | 小鳥の歌 »

無料ブログはココログ